中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 会社買収
  4. > 会社買収後の経営者との関わり方はどうすればよいでしょうか?

会社買収会社買収後の経営者との関わり方はどうすればよいでしょうか?

 

会社買収後、経営者との関わり方はどうすればよいか

 

 

 

会社の買収を考えているけれども、会社買収後の経営者との関わり方はどうすれば良いだろうか…

 

 

 

そんな悩みを抱える経営者の方はいらっしゃいませんか?

 

 

 

実は、

会社買収後における経営者との関わり方によって、その会社買収の成否が変わってしまうことも考えられます。

 

 

 

それほど、会社買収後の経営者との関わり方は重要となるのです。

 

 

 

 

通常、株式譲渡などの会社買収の手続きを終えた後、新株主となった会社が役員を選出し、買収された会社の経営者は退任することとなります。

 

 

 

しかし多くの場合、ここでそのまま退任してしまうのではなく、会社買収後も経営者を相談役、顧問などの形にして残ってもらうことが推奨されます。

 

 

 

これは会社買収後、経営者に対してすぐに追い出すような関わり方をすると、元の会社の社員に対して不安感を与えることになりかねないためです。

 

 

 

また、既存の取引先や銀行などとの関わり方についても、元の経営者が残って引き継ぎをしてもらうことで、それまでの関わり方を変えることなくスムーズな取引が可能となります。

 

 

 

 

経営者が残ることで会社買収後の統合を円滑にする

 

 

 

このように、経営者との友好的な関わり方は、会社買収後の統合プロセスにおいても大変重要となります。

 

  >企業買収後の統合プロセスについて

 

 

 

そのため、経営者の雇用形態や期間、報酬についても考慮する必要があります。

 

 

 

会社買収の契約において、経営者の一定期間の残留を条件にすることも一つの方法です。

 

 

 

経営者とよい関わり方することで統合プロセスを円滑にし、会社買収後のシナジー効果を上げる効果があるのです。

 

  >M&Aで得られるシナジー効果にはどのようなものがありますか?

 

 

pagetop