中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 事業承継
  4. > 事業承継を行うタイミングはいつがいいのでしょうか?

事業承継事業承継を行うタイミングはいつがいいのでしょうか?

 

最もよい事業承継のタイミングとは

 

 

 

「事業承継をするなら早いほうが良いとよく言われるけれど、具体的にはどんなタイミングですればいいのだろう。」

 

 

 

事業承継を考える経営者の方は、皆さんこのような悩みをお持ちだと思います。

 

 

 

事業承継のタイミングはいつがいいかと相談すると、たいてい「承継は早いほうが良い」という答えが返ってきます。

 

 

 

これは、今まで非常に多くの会社が、事業承継のタイミングが遅すぎたと感じているためです。

 

 

 

 

 

通常、社長が事業承継を決めて準備を開始してから、実際に後継者へと事業を譲渡するまでに約5年~10年かかるといわれています。

 

 

 

つまり、引退直前になって承継について考えるのでは遅いのです。

 

 

 

また、事業承継のタイミングには、後継者の年齢についても重要となります。

 

 

 

中小企業白書のデータによると、事業承継の際に後継者の年齢が40歳未満であった場合、後継者の年齢が50代であった場合にくらべて、15%以上多くの会社が事業承継前より業績が上がったと答えています。

 

 

 

後継者の年齢が若いうちに承継をするのであれば、なおさらそのタイミングは早いほうが良いことになります。

 

 

 

 

 

年齢ではなく準備ができた段階が承継のタイミング

 

 

 

しかし、

事業承継のタイミングを考えるときに、年齢ばかりに注目するのはあまりよくありません。

 

 

 

実際に事業承継を行なう際には、会社を任せて問題ないと思える後継者が育っている必要があります。

事業承継成功のカギ!後継者の育成方法とは?

 

 

また同時に、経営状態が安定していることも重要です。

 

 

 

このように、事業承継するときまでに実現すべきものを考慮し、それに必要な期間を把握することで、最も良い承継のタイミングを知ることができます。

pagetop