中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 廃業
  4. > 会社廃業を進める手順について教えてください。

廃業会社廃業を進める手順について教えてください。

 

会社廃業の手順とは?

 

 

 

「うちの会社には跡継ぎもおらず、もう廃業しようと思います。

会社廃業の手順について教えていただけませんか?」

 

 

 

先日、このような依頼をお客様よりいただきました。

 

 

 

会社の営業をやめて廃業する場合には、解散の宣言だけでなく、

精算や登記などの会社廃業の手続きが必要になります。

 

 

 

そのため、会社の廃業には最低でも2か月の期間が必要です。

 

 

 

ここで、会社廃業の手順についてご紹介しましょう。

 

 

 

会社廃業の手順1. 会社解散の議決

 

 

 

まず、株主総会などで会社解散の議決を行ない、

清算人(主に取締役)を決定します。

 

 

 

会社の解散が決定すると、取締役は退任し、

会社は営業取引ができなくなるため注意が必要です。

 

 

 

この廃業が決定し解散議決が行なわれた日から2週間以内に、

法務局へ登記申請を行ないます。

 

 

 

会社廃業の手順2. 精算手続き

 

 

 

清算人は会社の資産を整理して、債権回収や資産の換価、債務支払を

行ないます。

 

 

 

その後、残った資産については出資者への分配が行なわれます。

 

 

 

また、債務超過にある会社については破産手続や特別精算による

精算を行なわなければなりません。

 

 

 

この場合は破産管財人や裁判所の監督によって精算が行なわれる

ため注意が必要です。

 

 

 

 

会社廃業の手順3. 精算結了登記

 

 

 

精算終了後、決算報告書に株主総会などの承認がでれば、

精算結了を法務局へ登記申請を行ないます。

 

 

 

ただし、これには官報公告掲載日から2か月の経過が必要です。

 

 

 

登記が完了すれば会社廃業の手続きは終了です。

 

 

 

ちょっと待った! 会社廃業の手順を進める前に

 

 

 

このように会社廃業の手続きを行なった法人は消滅して、

復活することはできません。

 

 

 

積み重ねた社歴やノウハウも廃業により消滅し、大きな損失となります。

 

 

 

その前に一度、専門家に相談し、M&Aなど別の手段を考えてみては

いかがでしょうか?

 

 

会社廃業の手順は最後の手段としてとっておくべきなのです。

 

 

pagetop