中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > M&A全般
  4. > 新規事業を進めるためのM&A活用法とは?

M&A全般新規事業を進めるためのM&A活用法とは?

新規事業開拓にこそM&Aが重要

 

 

 

企業において新規事業の開拓は、重要な経営戦略の一つです。

 

 

 

事業には一般的に成長フローが存在し、導入期・成長期と伸びていく業績は、成熟期を迎えると停滞し、やがて衰退期に入って徐々に下がっていきます。

 

 

 

成熟期の事業はそれ以上の成長が難しく、そのため企業が生き残るためには既存事業だけでなく新規事業の開拓が必要となるのです。

 

 

 

「でも新規事業の開拓には資金も時間もかかって、なかなか難しい……」

 

 

 

そのような悩みを抱える企業も少なくありません。

 

 

 

新規事業の技術開発や市場開拓には資金はもちろん時間が必要となるため、新規事業の開拓という経営戦略には高いリスクが伴います。

 

 

 

そこで、このような新規事業の開拓において最近注目されているのがM&Aを使った手法です。

 

 

 

M&Aの利点は、すでにある程度成長している人材や商品、市場などをM&Aによってそのまま手に入れられる点です。

 

 

 

このM&Aのメリットは現在のスピード化した市場において非常に重要であり、新規事業の開拓にM&Aを利用することで、資金や時間を節約し、リスクを軽減することができます。

 

 

 

また、M&Aで得られる人材やノウハウは他で得ることが難しく、新規事業の成功にもM&Aは重要な役割を果たすのです。

 

 

 

 

 新規事業を進めるためのM&A活用法

 

 

 

それでは新規事業を進めるにあたってM&Aを活用するには、どうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

M&Aによって新規事業へのリスクが下がるからといって、どんな事業に対してもM&Aをして良いというわけではありません。

 

 

 

「進出しやすそうだから」といった理由での安易なM&Aをする企業が後を絶ちませんが、そのようなM&Aで成功する例はほとんどありません。

 

 

 

新規事業のM&A先を選ぶ上で重要なのは、「自社のビジョンとの親和性」と「現在の事業とのシナジー効果」です。

 

 

 

ビジョンとの親和性がなければM&Aをしても企業としての一貫性が持てませんし、シナジー効果がなければM&A後の自社の成長につながりません。

 

 

 

逆に、これらの条件を満たすM&A先を選択することで、新規事業を優位に進めることができるのです。

 

pagetop