中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > M&A全般
  4. > M&Aを成功させるために重要なタイミングとは?

M&A全般M&Aを成功させるために重要なタイミングとは?

 

M&Aが成功する最良のタイミングとは

 

 

「M&Aで会社売却を考えているけれど、どのタイミングで決断すべきでしょうか?」

 

 

このような相談を経営者の方からいただくことがあります。

 

 

M&Aを行なうタイミングを見極めることは、希望通りのM&Aを行なうためには非常に重要です。

 

 

それでは、M&Aを成功させる最良のタイミングとは一体いつでしょうか。

 

 

売り手企業にとって、M&Aを仕掛ける最良のタイミングは「売るには惜しい、もう少しがんばれる」と思う時期です。

 

 

 

余力を残した状態でM&Aをするのはもったいない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

しかし、

業績が落ち始めると企業価値は一気に下がり、赤字に落ち込むと買い手がつきにくくなります。

 

 

 

買い手にとって、M&Aは企業を発展させるためのもので、よほどの利点がない限り、見込みがない企業を高額でM&Aすることはないからです。

 

 

 

そのため、売上が好調な段階でM&Aを考える売り手はまずいないでしょうが、売上が鈍化、停滞した「まだいける」タイミングでM&Aを仕掛けることが望ましいのです。

 

 

 

自社や業界の動きもタイミングに関わる

 

 

業績の他にも、M&Aを仕掛けるタイミングに関わるものごとがあります。

 

 

 

まず、経営者自身の経営意欲が下がる前であること。

 

 

 

経営者の経営意欲は業績に結びつくため、年齢や健康状態の不安などで経営意欲に変化が起こった場合は、業績が落ちる前に早期にM&Aを考えることが必要です。

 

 

 

また、業界再編や景気の上昇でM&Aに需要が高まった時期も逃してはいけません。

 

 

 

これはM&Aの売却価格が高騰する最良の時期なのですが、それに便乗しようと引き延ばした結果、ブームが収まってタイミングを逃してしまう、ということがよくあります。

 

 

 

自社や業界の動きをチェックし、自社にとって最良のタイミングを逃さず見極めることがM&Aを成功させるカギなのです。

pagetop