中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 会社買収
  4. > LBO(レバレッジドバイアウト)とは何かを教えていただけますか?

会社買収LBO(レバレッジドバイアウト)とは何かを教えていただけますか?

 

LBO(レバレッジドバイアウト)とは?

 

 

 

みなさまは「LBO(レバレッジドバイアウト)」という言葉を

ご存知でしょうか。

 

 

 

このLBOとはM&Aや企業買収における資金調達法の1つです。

 

 

 

日本におけるLBOを使った買収にはソフトバンクによる

ボーダフォン日本法人買収があり、ニュースでその名前を

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

LBOの持つ大きな特徴として、金融機関から資金を

調達するにあたって、自社の資産ではなく買収先の資産価値や、

将来的なキャッシュフロー増加を担保としている点があります。

 

 

 

このように、LBOは買収先の持つ資産価値が大きければ大きいほど

多額の資金を調達できるため、LBOを用いることで自己資本が

少ない企業であっても大型の買収を成立させることができるのです。

 

 

LBO(レバレッジドバイアウト)による企業買収

 

 

 

LBOを用いて企業買収をした後は、買収先の資産を売却した利益や、

買収先のキャッシュフローからLBOによる借入金を返済していきます。

 

 

 

また、買収先の経営を改善させることによってキャッシュフローが

増加すれば、LBOの返済はより容易になります。

 

 

 

LBOによる資金調達が成立するのは、このように、買収後に買収先の

資産によって貸付資金の返済が可能であると判断されるためです。

 

 

 

しかしLBOにはこれらの利点がある一方、買収先の業績が悪化した

場合には返済資金が滞ってしまうため、債務不履行に陥りかねない

というリスクを抱えています。

 

 

 

そのため、これらのリスクを抑えるためにLBOは、買収後も業績が

好転する見通しが立てやすい企業や、処分可能な資産を持つ企業を

対象とした買収において用いられることが多くなっています。

 

 

pagetop