中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 会社買収
  4. > 企業買収の価格はどのような決め方をするのでしょうか?

会社買収企業買収の価格はどのような決め方をするのでしょうか?

 

企業買収の価格はどのような決め方をするのか

 

 

 

企業買収をしたいけれど、その価格の決め方がわからなくて困っている…

 

 

 

そんな声を耳にすることがあります。

 

 

 

企業買収において、価格は非常に大切な要素です。

 

 

 

しかし、その決め方には様々な手法が存在します。

 

 

 

いったい、企業買収の価格はどのような決め方がなされているのでしょうか。

 

 

 

 

 

まず、企業買収の価格の決め方には、大きく3つの決め方があります。

 

 

 

1つ目が

純資産から価格を出す決め方です。

 

 

 

純資産額を企業買収の価格として扱うもので、簡単に価格を試算することができます。

 

 

 

しかし、この価格には、その会社が将来どのような価値になるかを考慮できない難点があります。

 

 

 

 

2つ目が

将来の営業利益を基準に価格を出す決め方です。

 

 

 

この決め方では、現在の財務状況をもとに会社の成長予想や将来のリスクを考慮して将来的な営業利益を算出、これを資本コストで割ってその会社の価格を決めます。

 

 

 

この価格には、企業買収する会社の将来的価値が考慮されるため、価格が実際の価値に近いと考えられます。

 

 

 

ただし、将来予測は算出者により若干ズレがあり、価格が変動するという難点があります。

 

 

 

 

3つ目が

企業価値が類似する企業買収の事例を参考に価格を出す決め方です。

 

 

 

これは実際の企業買収の価格に一番近い決め方ですが、全く同じ事例を探すのは非常に困難という難点があります。

 

 

 

 

最終的な価格の決め方

 

 

 

以上の3つの決め方をそれぞれ考慮したのち、企業買収によるシナジー効果などのプラス価値を反映して価格を決めていきます。

 

  >M&Aで得られるシナジー効果にはどのようなものがありますか?

 

 

 

ここで、相手会社が望む金額や、自社の予算を考慮し、最終的に双方が納得行く価格へと落としこんでいきます。

 

 

 

そのため、感情的に動いてしまうと、せっかく客観的に決めた価格を超えた投資をしかねません。

 

 

 

しっかりと冷静に判断することが必要となります。

 

pagetop