中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 会社売却
  4. > 会社売却の際、抱えている負債はどうなるのでしょうか?

会社売却会社売却の際、抱えている負債はどうなるのでしょうか?

 

会社売却を検討しているけれど、今の会社が抱えている負債はどうなってしまうのだろう。

 

 

 

負債は精算しなければいけないのだろうか?

 

 

会社で抱えている負債について、このような心配をされる経営者の方も少なくはないと思います。

 

 

 

経営をする上において、借入金や買掛金などの負債は必ず発生するものです。

 

 

 

会社が抱えるそれらの負債は、会社売却をすることで一体どこへ行くのでしょうか。

 

 

 

会社売却の際、負債はどこへ行くのか

 

 

 

会社売却における負債の取り扱いは、会社売却の方法や売却の際の契約により変わります。

 

 

 

一般に会社売却の後に、買い手の会社が譲渡会社の商号を変えず事業を継続する場合、その譲渡事業で出た負債はそのまま譲渡会社に残り、買い手の会社がその負債を引き継ぐことになります。

 

 

 

株式売却などによる会社売却の場合は、その会社の持つ負債などの権利もすべて買い手の会社が引き継ぎ、元のオーナーに対しての負担はありません。

 

 

 

それ以外の場合でも、契約により買い手の会社が負債を引き継ぐ取り決めをして、それを公告すれば負債の引き継ぎは可能です。

 

 

 

負債の引き継ぎが行なわれない場合

 

 

 

このように、株式売却などでの会社売却においては負債も引き継がれますが、契約によっては負債が引き継がれない場合も存在します。

 

 

負債の引き継ぎが会社売却の契約に含まれず、また譲渡会社の商号が変更された場合、負債は引き継がれません。

 

 

また別会社を設立して事業譲渡する形式の会社売却では、負債は譲渡されないため引き継がれません。

 

 

 

負債についての取り扱いは、買い手の会社と交渉し、契約をしっかり確認する必要があります。

 

 

 

当社では赤字会社の売却、一般中小企業のM&Aのお手伝いをしております。ご不明なことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

 

pagetop