中小企業に強いM&A(会社売却・企業買収)コンサルティング会社

株式会社エクステンド

  • 0120-321-312
  • 面談予約・お問合せ

コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 会社買収
  4. > 会社買収の際に注意したい2つのこと

会社買収会社買収の際に注意したい2つのこと

 

会社買収の注意点とは?

 

 

 

もし、自社にとって魅力的な会社から会社買収の打診をされたとしたら…

 

 

 

二つ返事で了承したくなりますが、その前に

 

「その会社を買収しても大丈夫か」

 

を見極める必要があります。

 

 

 

その会社の経営状況や今後の経営プランは当然ですが、

会社買収の注意点はそれだけではありません。

 

 

 

見落としがちな会社買収の注意点が二つあります。

 

 

 

 

会社買収の注意点、一つ目「簿外債務がないかどうか」です。

 

 

 

簿外債務とは帳簿や決算書に計上されていない負債のことで、

金融業者以外の業者や個人からの借入金、会社の連帯保証、未納税金などです。

 

 

 

計上されていなくても実際は支払う必要があるものなので、

知らずに会社を買収すると大変なことになりかねません。

 

 

 

会社買収の際には帳簿上の負債についてはもちろん、

隠されている負債がないか注意しなければなりません。

 

 

 

 

 

会社買収の注意点、二つ目「社員の継承ができるか」です。

 

 

 

まず、会社買収により経営者が変わっても

問題なく経営ができる社内システムであるかを確認します。

 

 

 

また会社買収によって有能な人材が流出しないかどうか

注意する必要があります。

 

 

 

会社を動かすのは社員などの人材です。

 

人材が流出してしまうと、ノウハウや得意先の流出につながり、

会社買収をしても効果が得られません。

 

 

 

会社を譲り受ける際の社員への待遇には、特に注意しなければなりません。

 

 

 

繰越欠損金を使う場合にも注意

 

 

赤字会社を買収した際に繰越欠損金を使った資金繰りを

考えている場合にも、注意点があります。

 

 

 

例えば、社員の20%以上が退職すると繰越欠損金は消滅しますが、

人材流出により意図せずこれに当たることがあります。

 

 

 

この場合、株の売買ではなく事業譲渡などによる会社買収が

有利なときもあります。

 

 

 

事業が魅力的な会社の買収でも、これら会社買収の注意点を

きちんと確認してからすすめなければなりません。

pagetop